人から聞いたいい話

【ピンチピンチ チャンスチャンス】心が折れやすいあなたへ というメールを貰った

投稿日:

こんにちは、傳兵衛です。

これは会社の1年先輩が「心が俺そう折れそうだ」と呟いたわたしにくれたメールです。

 

 

 

先輩からのメール

先日、先輩からメールが届いた。

 

先日「心が折れそうだ」と言った人がいたとか。
そんな人に贈る言葉です。ご存知のかたもいらっしゃるでしょう。
私は最近知りました。

ピンチピンチ チャンスチャンス ランランラン♪

出典は、宮脇 伸二さんという方のブログです。リンクは、こちらから

 

新入社員のころ大トラブルに巻き込まれて落ち込んでいた時に
ある先輩から「どんなトラブルでも時間が解決する」と言われたことがあります。

 

確かに時間が解決してくれましたが、
周囲の力も借りて格闘したかどうか、心が折れたまま誰かに尻拭いしてもらったかでは、
心へのダメージは大きく違います。

泣き言が多いと周囲からの信頼も損ない、達成感、一体感も得られません。

 

子供騙しのようですが、
歌でも歌って気持ちを立て直し、周囲の力をうまく引き出すことが大切だと思います。

私はピンチの時は
「これまでの貯金がある。大概のことは大丈夫。俺がやってだめなら誰もできないはず。仕方ない。」と
半ば開き直ってへらへら笑いしながらやるようにしています。

 

暇なもんで、すみません。

 

別の先輩の話

その先輩は、工場の叩き上げの係長でした。

まだ若い時、現場の作業長していた時に感じたことを教えてくれました。

 

労働災害が発生した、品質トラブルで異常品が流出した、生産がうまくいかずオーダーを達成できない・・・

色々なトラブルが、ここぞとばかり、一度に発生する。

もう、クタクタだ・・・

・・・・・

でも、シフトは必ず終わる。リセットされる。

部下を連れて飲みに行こう。

そして一緒に、明日の作戦を立てよう!

 

おわりに

タイの工場勤務者は、多くの人が制服(ユニホーム)のまま、通勤します。

しかし、わたしは必ず私服に着替えて通勤します。

正門を入ったら娑婆とはお別れ、制服に着替えてスイッチをONにします。

帰るときは私服に着替えて、スイッチをOFFにします。

制服のまま飲みに行ったりしません。

 

二人の先輩は、異口同音に「どんなトラブルでも時間が解決する」と言っていますが、同時に「それだけではダメだ」とも言っている様です。

やはり自分の努力も必要です。

 

わたしの場合は、「ON / OFFの切り替えにこだわる」です。

そんな事分かっていても、意識してもなかなか出来ないからです。

子供の頃から、いつまでもクヨクヨするタイプでした。それがわかっているから意識してON/OFFにこだわるのです。

 

一度充電してから、もう一度地獄に飛び込むと、いいアイデアが生まれる気がします。

そして、アイデアを実行に移すことも出来るみたいです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-人から聞いたいい話
-, ,

Copyright© 定年退職あぶはち取らず , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.