損しないためのチャレンジ

【Amazon】注意喚起|ポッチとする前にもう一度確認することは?

投稿日:

こんにちは、傳兵衛です。

Amazonを利用していて、こんな経験はありませんか?

製品の箱がダメージを受けていてヒヤリとした。

注文したら、途端にキャンセルを通告された。

 

私はアマゾンのヘビーユーザーですが、その理由は価格が安価ということもありますが、信頼度が高いからです。

万一、トラブルが発生しても、カスタマーサービスが丁寧に対応してくれると考えているからです。

しかし、Amazonマーケットプレイスでの買い物では、注意と覚悟が必要かもしれません。

Amazon マーケットプレイス

 

 

はじめに

今回のブログ記事は、特定の業者を非難するものではありません。

もちろん、Amazonマーケットプレイスに出品している企業、個人が信頼出来ない、と言っている訳でもありません。

わたしはアマゾンで買い物をすることはあっても、Amazonマーケットプレイスに出品したことはありません。

なので認識違いがあるかも知れませんが、アマゾンでの買い物の際は、こんな事もある、と頭の片隅に置いてください。

 

アマゾン には、Amazonマーケットプレイス保証というものがあります。ホームページから引用します。

Amazonマーケットプレイス保証による保護は、出品者が販売および出荷する商品を購入する際にお客様を保護するものです。この保証プログラムでは、商品の適時の配達と、商品のコンディションの両方を保証しています。いずれかが不十分である場合、お客様はAmazonに問題を報告することができ、Amazonのチームがお客様が返金の対象となるかどうかを判断します。

 

 

買い物する時のチェックポイント

最近わたしが商品を購入する時にチェックするポイントは、以下の通りです。

・出荷元、販売元の名前

・出品者の情報とフィードバック

 

アマゾンのサイトで買い物をする際、アマゾンのサイトにはアマゾンだけでなく、アマゾン以外の企業や個人が含まれている、という事です。

最近は、以前に比べ、この比率が高くなった気がします。

そこで注意して欲しい点は、最終的には「Amazonマーケットプレイス保証」で、Amazonのチームに対応をお願いすることになったとしても、最初の対応は、あなたが出品者とトラブルについて直接やり取りする必要があると思われるからです。

 

トラブル発生の確率が高い、トラブル対応に時間がかかると思われる順に、3つのグループに分けることが出来ます。

①出荷元、販売元ともにAmazon以外の企業または個人

②出荷元はAmazonだが、販売元がAmazon以外の企業または個人

③出荷元、販売元ともにAmazon.co.jpの場合

 

出荷元、販売元ともにAmazon以外の企業または個人

Amazonのサイトに出品する以上、色々決め事があって、守らなくてはいけないルールもあるでしょう。

しかし、出荷元も販売元もAmazon以外の企業または個人の場合、Amazonという看板(サイト)を借りて商売している第三者です。

トラブルが発生したら、出品者と直接連絡を取り合う必要があるでしょう。

 

アマゾン内の商品のサイトの右下にある、出荷元販売元を確認します。

Amazon マーケットプレイス

このケースでは、Amazon以外の企業名が、出荷元、販売元の欄に入っています。

つまり、あのお馴染みのアマゾンの梱包用ダンボールでは商品は送られて来ません。

続いて、販売元の企業名をクリックします。

 

出品者の情報が表示されます。

Amazon マーケットプレイス アマゾン

まず、過去12ヶ月の評価を知ることが出来ます。

カスタマーサービスの電話番号の国番号が『86』です。つまり中国の電話番号です。

ハードルが上がりますよね。

しかも、中段左側の【お問い合わせについて】をみると、ハッキリと『お電話でのお問い合わせは承っておりません』と記述されています。

配送について】には、『国際郵便』という単語がみえます。つまり、クッション材があるか無いか分からない、例のネズミ色の袋に入って配送されて来ると思います。

【カスタマーサービス】の日本語が弊社とご連絡ください』となっています。単なるインプットミスならいいですが、カスタマーサービスとの日本語での意思の疎通は難しいかも知れません。

画面を下に送ります。

Amazon マーケットプレイス アマゾン

返品&返金ポリシー」には、問い合わせ先電話番号がありますが、先述の通り、カスタマーサービスは『お電話でのお問い合わせは承っておりません』と言っています。

返品の際は、出品者に返品承認をリクエストする必要がある様です。大丈夫かな?心配です。

ちょっと怪しい日本語のフィードバックもありますし、直近の肯定的評価が85%というのも、個人的には心配です。

 

画面を更に下に送れば、住所を確認することが出来ます。

やはり中国の住所で、何かトラブルが発生した際は、心細くなります。

Amazon マーケットプレイス アマゾン

 

 

出荷元はAmazonだが、販売元がAmazon以外の企業または個人

このケースは、出荷元がAmazonなので、日本国内のアマゾンの倉庫から、例の包装で配送されて来ます。

トラブルの確率は下がることが期待出来ます。

この例は、わたしが何度も利用しているアペックスラジオさんの例です。

画面右下の出荷元がAmazonなので、プライムサービスの「翌日配送」も利用可能です。

Amazon マーケットプレイス アマゾン

 

販売元の企業名をクリックします。

出品者の情報が表示されます。

フィードバックには、丁寧に返信が添えられています。信頼感を感じます。

Amazon マーケットプレイス アマゾン

 

出荷元、販売元ともにAmazon.co.jpの場合

こちらは言わずと知れた、Amazonが販売して、Amazonが出荷しているケースです。

通常、わたし達がイメージする、アマゾン から買い物するイメージの場合です。

出荷元、販売元が、Amazon.co.jpになっています。(単なるAmazonと記述されている前述の場合との違いは不明です)

Amazon マーケットプレイス アマゾン

 

 

おわりに

いかがでしたか?

繰り返しますが、今回のブログ記事は、特定の業者を非難するものではありません。

もちろん、Amazonマーケットプレイスに出品している企業、個人が信頼出来ない、と言っている訳ではありません。

わたしはアマゾンで買い物をすることはあっても、Amazonマーケットプレイスに出品したことはありません。

認識違いがあるかも知れませんが、アマゾンでの買い物の際は、こんな事もある、と頭の片隅に置いてください。

 

最後に、Amazonカスタマーサービスセンターへのリンクは、こちらから

 

この情報がみなさんのお役に立てれば嬉しいです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-損しないためのチャレンジ
-, , , , , , , , , ,

Copyright© 定年退職あぶはち取らず , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.