損しないためのチャレンジ

【Google Keep】シニアの味方、モノ忘れ防止ツールの紹介(前編)

更新日:

こんにちは、傳兵衛です。

 

歳を重ねるごとに、モノ忘れで失敗するケースが多くなりました。

最近思うのは、忘れるのではなく、そもそも何かを脳みそにメモリーするとき、集中力が欠けていて、刷り込みが足りないせいだと分析しています。(違うかな?)

 

今回は、忘れてしまうと言うより、覚えられないシニアの味方、高機能電子メモの紹介です。
ブログが長文になったので、前編・後編の2部構成になります。ご了承ください。

 

どんなアプリなのか

このアプリ『Google Keep』は、Googleが無料で提供する、電子メモ(付箋紙)アプリです。

 

大きな特徴は、作成したメモ(付箋紙)はインターネット上に置かれるので、家のパソコンからでも、外出先のスマホからでも参照したり変更したり出来ることです。

 

メモはメモ用紙やカレンダーの裏紙に書くのが一番手っ取り早い、と思っている人も多いでしょう。でも、そのメモが見つからなかったり、持って行くのを忘れた失敗はありませんか?
私はよくやらかします。

 

このアプリは、作成したメモの保管場所は忘れてもOKです。スマホを持って行くのを忘れなければ、どこからでもメモを取り出せます。

カレンダーの裏紙では真似の出来ない、とても便利な電子メモです。

 

想定される使い方

シンプルな電子メモですが、それでも色々な機能が用意されています。

私達シニアだったらこんな使い方が考えられる、と機能を絞って、また利用するシーンを考えて紹介します。

 

想定される使い方

 ・重要メモの固定

 ・買物リストの作成

 ・予定を知らせるリマインダー機能

 ・アーカイブの活用

 

聞きなれない単語があるかも知れませんが、あとで丁寧に説明します。

使い方の説明の前に、アプリのインストールを行いましょう。

 

インストール

Googleの提供する無料アプリなので、Googleアカウントを取得しておく必要があります。

Googleアカウントの取得方法については、下記の関連ブログを参照してください。

 

 

パソコンでの起動

まず、お馴染みの「Google検索」画面を出します。

ログインしていなければ、画面右上のボタンからログインします。

 

ログイン後に、右上の点々ボタンを押して、プルダウン画面の中から『Keep』を選択します。

スマホへのインストール

スマホがiPhoneの場合は、App Storeから『Google Keep』をインストールをします。

Androidの場合は、「Playストア」から『Google Keep』をインストールをします。

 

『Google Keep』を検索、「インストール」→「開く」してください。(下図Playストア)

Googleアカウント」の入力を求められたら、パソコンと同じGoogleアカウント」を入力します。

「使ってみる」を押します。次に「同期をONにする」を選択します。

これでスマホ側も準備完了です。

 

シーン別使い方紹介(前編)

前述した通り、この電子メモの強みは、自宅のパソコンと外出先のスマホが同じ「メモを共有」出来ることです。つまり、同期して、どちらも同じ内容を表示出来ることです。

パソコンでもスマホでもメモを作成することができますし、パソコンでもスマホでもメモを参照することが出来ます。

 

しかし今回は、メモの作成は自宅のパソコンで行い、メモの参照は外出先のスマホで行う、と言うことを想定して、紹介していきます。

 

重要メモの固定

海外旅行で飛行機に乗ると、訪問国の「入国カード」が配られ、記入しなくてはいけません。

私も日本に一時帰国した後は毎回記入します。

 

記入する内容は、「パスポートの情報」と「宿泊先の情報」などです。
毎回のことなので、覚えればいいのですが、なかなか覚えられません。

 

そこで、これらの情報をこの電子メモに記入します。

①「メモを入力...」にカーソルを合わせクリックする
②「タイトル」とメモを入力...」必要な情報を入力する
③  入力例

 

 

この情報は、すぐに見つけられる様に、画面の最上段に『固定』しておきます。
メモを『固定』するためには、メモ欄右上の画鋲をクリックして、黒い画鋲に切り替えます。

これで、重要メモを常に最上段に表示させることが出来ました。

スマホ画面も情報が共有されています。

 

買物リストの作成

私は買物に行っても、買い忘れが多いので、『買い物リスト』を作ります。
しかし、その『買い物リスト』自体を家に忘れて買物に行くことも、しばしばあります。

 

そこで、買物リストを自宅のパソコンで作成し、スーパーでスマホを使って、買物の消し込みを行います。

①「新しいリスト」をクリックします。
②「タイトル」とリストアイテム」に必要な情報を入力する
③  入力例

 

「リストアイテム」を階層化(親子関係)することも出来ます。

パソコンでの方法は親の下に入れたい子供の「リストアイテム」をドラッグして右にスライドさせます。

スマホも同様に「リストアイテム」を右にスライドさせます。

お店に着いたら、スマホを取り出し「買物リスト」を見ながら買物をしていきます。

買物かごに入れた「リストアイテム」の左側の「四角□」をタップすると、「購入済み」という意味になります。

長文になってしまったので、後編に続きます。

誠に恐縮ですが、下記のリンクをクリックしてください。

 

 

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-損しないためのチャレンジ
-, , , ,

Copyright© 定年退職あぶはち取らず , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.