今までのチャレンジ

【パタヤ】ラーン島、日帰りリゾートはここしかない!

更新日:

こんにちは、傳兵衛です。

会社の同僚と、「たまにはみんなで外出しよう」と、最近外国人観光客がほとんどいなくなったと言うパタヤ沖のラーン島に行ってきました。

タイ パタヤ

 

 

はじめに

コロナ禍で観光客は少ないかと思いましたが、タイ人観光客は思いのほか多く、結構な人出でした。
当日は、パタヤの海岸で、花火大会が予定されていたからかも知れません。

 

しかし、今回の目的地ラーン島の『ヌアルビーチ』(Nual Beach)は、程よく人がいる程度で、水もとても綺麗な、大満足の半日(日帰りリゾート)でした。

 

バンコクからも日帰りが可能なラーン島で、ご家族と、または友人と、リゾート気分を味わってはいかがですか?

 

基本情報

パタヤからラーン島へは、フェリー、ツーリストボート、チャーターのスピードボートのどれかに乗船する3通りの方法があります。

どれも、あの有名な「ウォーキングストリート」の先にある、バリハイ桟橋(看板はPATTAYA PORT)から出ています。チケットもここで買えます。

タイ パタヤ 日帰り リゾート

これがバリハイ桟橋の入口ですが、現在は体温測定のため建物横(タクシーの後方)から入ります。

 

これが桟橋の見取り図です。

タイ パタヤ ラーン島 日帰り

フェリーの時刻表もあります、料金は30バーツです。

タイ パタヤ ラーン島 日帰り

左側がター・ウェーン行き(所要時間50分)、右側がナー・バーン船着場行き(所要時間30分)です。

 

しかし、私たちは所要時間を惜しみ、乗合のスピードボートで行くことにしました。
『SPEED BOAT PIER 1』から乗船します。(所要時間15分程度)

難点は、波があるとボートは激しく上下し、波のしぶきを相当カブることになります。服装に注意してください。

タイ パタヤ ラーン島 日帰り

 

この乗合いスピードボートは、定員になると出発するタイプですが、観光客が多かったので、乗船するとすぐに出発しました。
少し詰め込み過ぎと思う位の乗客です。

タイ パタヤ ラーン島 日帰り

タイ パタヤ ラン島 ヌアルビーチ

 

料金は往復で200バーツでした。
このシールが帰り(復路)に必要です。なくさないように。
ヌアルビーチ』を出発する時間、3PMと記載があります。

タイ パタヤ ラーン島 日帰り

 

いよいよ出帆です。
フェリーを抜いて、快調にラーン島を目指します。

タイ パタヤ ラーン島 日帰り

 

最初に乗合いスピードボートが止まる船着場は、今回の目的地ではありません。
ナー・バーン船着場です。
下船する人もいますが、「プーさん」のシールを貼っている人は、そのままボートに残ります。

タイ パタヤ ラーン島 日帰り

 

 

日帰りリゾート ラーン島

今回の目的地、ラーン島ヌアルビーチに到着です。

タイ パタヤ ラン島 ヌアルビーチ

 

上陸前に、もう1つ注意点があります。
桟橋がないので、ボートから降りるときは、海の中にジャボンです。

タイ パタヤ ラン島 ヌアルビーチ

 

これがラーン島から見る景色です。水もとても綺麗です。

タイ パタヤ ラン島 ヌアルビーチ

 

 

ラーン島で寛ぐ

まず最初にすることは、ベースキャンプ作りです。
ビーチチェアを1つ100バーツで借りました。

タイ パタヤ ラン島 ヌアルビーチ

 

ビールをオーダーして、のんびりします。
もちろんトイレもありますが、1回10バーツで、桶で水を流すタイプのものでした。
シャワーもあります。タバコは喫煙所が用意されています。

タイ パタヤ ラン島 ヌアルビーチ

 

 

ビーチを探検

小さな海岸なので、すぐに端から端まで行き着きます。

小さな子供を連れた家族連れも多いです。

タイ パタヤ ラン島 ヌアルビーチ

 

遠くに見えるのは、パタヤの街並みです。

タイ パタヤ ラン島 ヌアルビーチ

 

綺麗な花を見つけましたが、野生のものではない様です。
はっきり分かりませんが、アデニウム・オベスムというアフリカ原産の花かもしれません。
タイ語では、ドッグ(花)シュワン(誘う)チョム(見る)ดอกชวนชม と言うそうです。

タイ パタヤ ラン島 ヌアルビーチ

 

紅葉です、なんちゃって・・・

タイ パタヤ ラン島 ヌアルビーチ

 

海岸には木もあり、ビーチパラソルではなく木陰を選ぶ人もいました。

タイ パタヤ ラン島 ヌアルビーチ

 

白人の家族連れもいますが、やはり外国人は少ない様です。
日本人も見掛けませんでした。

タイ パタヤ ラン島 ヌアルビーチ

 

青い空、白い雲、透き通った水、正にパラダイスです。
こんなところに、シラチャからはもちろん、バンコクからだって日帰りが可能です。
今なら人も少なく、行かない理由はありません。

タイ パタヤ ラン島 ヌアルビーチ

 

ただ海岸を歩きましたが、二枚貝の貝殻が少しあっただけで、特別綺麗な貝殻などは見つかりませんでした。

タイ パタヤ ラン島 ヌアルビーチ

 

 

最後のトラブル

14時少し前、まだ昼食を食べてなかったので、レストランもありますが、借りたパラソルの近くで食べることにしました。

タイ パタヤ ラン島 ヌアルビーチ

 

奮発して、蒸したカニをメインに、色々オーダーしました。
しかし、30分経っても出てきません。

挙げ句の果てに、「今日はカニはありません・・・」と。
さらに「サラダもありません・・・」ナニ?

『じゃあいらない』とキャンセルしました。
他の料理は運ばれてきました。味は屋外で食べているせいか、そこそこ美味しいと思いました。ただ建物の中だったら平均以下かも・・・

タイ パタヤ ラン島 ヌアルビーチ

 

食べ終わったのが14時30分なので、すぐに精算に来ました、(15時に帰るのを知っている)

明細を見ると、蒸しガニ1800バーツがしっかり請求されています。サラダも一緒に・・・

昼食のオーダーは混む前に行う。
日本人はまずやらない精算時の明細確認は大切。

この2つを改めて肝に命じました。

 

おわりに

コロナ禍前の情報では、ラーン島は中国人観光客を中心に外国人で芋洗状態であり、とてもリゾートとは呼べない、とのことでした。

今回は小さな海岸でしたが、人も少なく、聞こえて来るのは遠くで遊ぶ子供たちの声だけでした。

駐在員の皆さん、行くなら今です。ご家族でも、友人とでも、手軽な日帰りで、素敵な思い出を作ってください。

 

今回の記事が皆さんのお役に立てたら嬉しいです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

タイ パタヤ ラン島 ヌアルビーチ

 

 

 

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-今までのチャレンジ
-, , , , , , , ,

Copyright© 定年退職あぶはち取らず , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.