「 見どころ 」 一覧

【ラーチャブリー】絶景を求めてカオングストーンパークに行きました

コロナ禍で外出自粛が続くなか、自然公園での散策ならいいだろう、とラーチャブリー県にあるカオ・ング・ストーン・パーク(Khao Ngu Stone Park) とそれに隣接する (公園内かも)ルーシー・カオング洞窟に撮影観光に行って着ました。
注意点を含め、たくさんの写真を使って、その見どころを紹介します。

【ペッチャブリー】岩の裂け目から日光が差し込む洞窟寺院を観光しました

先日、同僚の駐在員と一緒に、バンコクの南西部、ペッチャブリー県にあり、岩の裂け目から日光に照らされる洞窟寺院として有名な『カオルアン洞窟』(Khao Luang Cave) に行ってきました。
ガイドブックに詳しい記述がありませんが、本当に行く価値があるか、本音のレポートをお贈りします。

タイ 観光 ピンク 象 ガネーシャ

【チャチューンサオ】ピンクのガネーシャとコウモリ寺院を観光して来ました

今回は、タイの観光ガイドブックで必ず紹介されている、ピンクの巨大象、ガネーシャ像で有名な ワット ・ サマーン ・ラッタナーラームと、昼間でもコウモリが境内の木々にぶら下がる ワット ・ポー・バンクラーを紹介します。 チョンブリー県の隣の県ですが、車で1時間半程度の所要時間です。

【タイの行事】コロナ禍の2021年ロイクラトン 祭りはちょっと寂しい

今年も、タイ人に限らず、タイにいる外国人もみんなが楽しみにしているロイクラトン祭りが11月19日金曜日に開催されました。
ソンクラーンに並ぶ、タイの2大祭りの1つです。それが今年はコロナ禍で例年とは違うお祭りになった様です。
タイ人が考えるこの祭りのイメージを、社内イベント、刺繍コンテストを通じて感じてください。

【カンチャナブリー 】大失敗、旧泰緬鉄道に乗れず!クウェー川鉄橋編

タイ カンチャナブリー に日帰り観光に行きました。今回まわった観光ルート、アルヒル桟橋→カセー洞窟→タム・クラセー駅→クウェー川鉄橋を数多くの写真を使って紹介します。
しかし、クウェー川鉄橋で年に1度開催されるイベント「クウェー川鉄橋週間」も見るつもりでしたが、会社でのトラブルで夜までいられず残念でした。

【カンチャナブリー 】大失敗、旧泰緬鉄道に乗れず!アルヒル桟橋編

タイ カンチャナブリー に シラチャ から4時間半かけて日帰り観光に行きました。今回まわった観光ルート、アルヒル桟橋→カセー洞窟→タム・クラセー駅→クウェー川鉄橋をガイドブックと違い写真を多く載せて紹介します。
残念ながら旧泰緬鉄道には乗れませんでした。その時の反省が皆さんの観光に役立てば、と思いレポートします。

【パタヤ・シラチャ 】タイはハロウィーンよりロイクラトン!

タイで有名なお祭りの1つ、ロイクラトン祭りが2020年は10月31日に開催されました。
そう、今年はハロウィーンの日に重なりましたが、やはりタイはロイクラトン祭で盛り上がった様です。
パタヤとシラチャ の祭りの様子を、写真で紹介します。

【アマタナコーン】忍者マーケットというおかしな名前の市場へ行ってみた

シラチャ から車で約40分、アマタスプリングカントリークラブやアマタナコーン工業団地に近い『ナイトマーケット』をレポートします。ルート361沿いにあり、バンコクからの帰りに、カマボコ型の建物2棟とニンジャのトレードマークを見たことがあるかも知れません。食べ物の屋台が充実のローカルマーケットの魅力を紹介します。

Copyright© 定年退職あぶはち取らず , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.