今までのチャレンジ

【タイの運転免許証】チョンブリ県で運転免許証を新規取得する場合、2年前との違い

投稿日:

こんにちは、傳兵衛です。

今回、同僚の日本人駐在員が、タイの運転免許証を取得しました。

2年前にわたしが取得したときは、適性検査とビデオ講習のみでしたが、今回はオンラインテストがあったそうなので、その点を説明します。

 

今回の情報は、2021年9月現在のコロナ禍のなかでのものです。

 

必要書類

気になる必要書類は下記の通りです。

デジタルワークパーミットは不可の様で、イミグレ発行の「居住証明書」を持参したそうです。

・日本の運転免許証

・在タイ日本大使館発行の在留届出済証明(英文)および免許証英文翻訳証明

・居住証明書(イミグレ発行)の原本

・パスポートの原本

・健康診断書(前回同様街のクリニックで作成)

・パスポートの顔写真、ビザ、タイ最終入国日のスタンプの各ページのコピー(青ボールペンでサインする)

・申請用紙(運転免許センターにある)

 

チョンブリー県の運転免許センターは、このコロナ禍のため、新規運転免許証交付受付は1日の上限数が決まっているそうです。
そのため、運転免許証の新規申請には予約が必要です。

念の為、在タイ日本国大使館のタイでの運転免許証に関するWebサイトはこちらから

土曜日も運転免許センターは開いていますが、くれぐれも予約を忘れずに

タイ チョンブリ県 運転免許証更新

 

 

適性検査

運転免許証の新規取得時には適性検査を行いますが、現在はコロナ禍のため、検査項目が絞られています。

適正検査の内容は、信号の色が見分けられるか、反射的にブレーキを適切に踏めるか、の2つの検査だけで、遠近感や視野の広さなど、わたしが2年前に行った他の検査は、やはり行われなかったそうです。

タイ チョンブリ県 運転免許証更新

 

 

オンライン試験

2019年にわたしが、日本の運転免許証からタイの運転免許証を取得した際には、適正検査の後、1人(多分わたし以外の外国人はいなかった)で、タイ語のビデオ(英語の字幕付き)を1時間弱見て終了。理解度のテストなどありませんでした。

しかし、今回は、1時間のオンライン講習を受講して、しかも、講習前、講習中、講習後にテストがあり、テスト合格の証明書が免許証の申請時に必要になるそうです。
オンライン講習は、自分のスマートフォンを使ったそうです。
電池切れに要注意です。

テストは1回3問が出題され、講習前と講習後のテストは同じ内容だそうです。
テストの中身は「ウィンカーの点滅開始は交差点の何m手前から?」みたいなもので、常識の範囲内の様です。

もし間違えても、合格するまで何度でも繰り返し回答できる(正解に誘導される?)、タイらしいテストの様です。

何語で出題されたのか聞きましたが、多分英語だと思うそうですが、彼のスマホは外国語を自動的に日本語に翻訳するので、元の言語は何か分からないそうです。

尚、このリンクからアクセスし、For Foreigner(外国人向け)から必要事項を記入するそうです。

 

 

運転免許証交付申請

無事、適正検査、オンライン講習試験に合格すれば、運転免許証の交付申請です。

詳細は、下記の関連ブログ(運転免許証の更新して分かったこと)を参考にしてください。

 

 

おわりに

今回の同僚のケースから、2年前の単にビデオを観るだけの講習から、テスト付きのオンライン講習になったことは、大きな変化点です。
タイ語が読めなくても、一般的な交通ルールを理解していれば合格できる(不正解でも正解が得られるまで何度も回答できる)ので心配にはいりませんが、知っていた方がいいと思い、ブログにしました。

 

適正検査はそれ程時間は掛かりませんが、オンライン講習と試験に1時間、運転免許証の交付に1時間掛かるので、半日仕事になることを覚悟する必要があります。

 

この情報がみなさんのお役に立てれば嬉しいです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-今までのチャレンジ
-, , , , , , , , , ,

Copyright© 定年退職あぶはち取らず , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.