これからのチャレンジ

【Shotcut】無料アプリで動画編集 2 ー 音量調整とテキストの挿入

投稿日:

こんにちは、傳兵衛です。

YouTubeを観ていて、自分もあんな動画が作れたらいいな、と思ったことはありませんか?

今回は、無料アプリの割には高機能で、人気の高い Shotcut というアプリを使って、昔撮ったビデオを編集できるレベルを目指します。

最初から特殊効果を求めず、不要部分のカット、テキスト(テロップ)とBGMの挿入、といった最低限の編集で、カッコいい動画に生まれ変わらせます。

これらの基本操作から、Shotcutの操作にも慣れることが出来ます。

今回は、音量調整とテキスト(タイトル)を挿入する方法を説明します。

 

 

はじめに

まず、Shotcutで動画編集をする手順をおさえておきましょう。

  1. プロジェクトを作成する
  2. 編集する動画を読み込む
  3. 動画の不要部分をカット(トリミング)する
  4. 動画のつなぎ目(場面の切り替わり)を編集する
  5. テキストを挿入する
  6. サウンド(BGM)を入れる
  7. 動画を書き出す

大雑把に言うとこんなステップになります。

前回は、1から4について説明しました。

そして、今回は「5. テキストの挿入」について説明していきます。

まだShotcut のダウンロード・インストールが済んでいない方は、関連ブログを参考にインストールしてください。

 

 

 

音量の調整

いくつかの動画(クリップ:切り出した映像)で、音が小さかったり、大きかったり、音量が一定でないと聞きにくい動画になってしまいます。

「フィルタ」機能を使って、音量を調整します。

この編集は、音量を調整する必要がなければ、割愛できると思います。

 

ここでお詫びです。

この「音量の調整」は、カット編集(不要部分の削除)の前にやっておくべきでした。

というのも、カット編集を実施し、動画がいくつかのクリップに分割されると、音量調整はそのクリップ毎に実施しなければならず、非常に煩雑になってしまいます。

それぞれのクリップでフィルタ機能を使って音量を調整するので、分割したクリップが多ければ多い程、手間のかかる作業になってしまいます。

現在のところ、分割されたクリップを再結合する方法は見つかっていません。

 

それでは、音量を調整をやってみましょう。

切り出した画像(クリップ)を1つ選びます。(クリックします)

画面上段のボタンの中から『 フィルタ 』をクリックします。

Shotcut 無料 動画編集 アプリ 音量調整

 

フィルタ画面が表示されるので、『 + 』をクリックします。

Shotcut 無料 動画編集 アプリ 音量調整

 

『 音声 』をクリックします。

『ゲイン・音量 』をクリックします。

この時、先頭のアスタリスクをクリックしておくと、次回から「お気に入り」をクリックすれば「ゲイン・音量」が表示されます。

よく使うフィルタは、お気に入りに登録しておくといいでしょう。

Shotcut 無料 動画編集 アプリ 音量調整

 

音量波形の山になっている(大きな音がある)場所に「再生ヘッド」を合わせます。

「レベル」のバー(帯)を左右にスライドさせて、音量を調整します。

画面右のレベルメーターのピークが、ゼロ(0㏈)を超えない様に調整します。

Shotcut 無料 動画編集 アプリ 音量調整

 

レベルメーターは、ゼロに近づくと赤色に変わり、注意を促します。

一応、画面中央のフィルタのレベルの数字(この例では10.3)を覚えておきます。

他のクリップも、なるべく同じ数字になる様にします。

繰り返しますが、カット編集前なら、数字を同じにする、こんな手間は不要でした。

Shotcut 無料 動画編集 アプリ 音量調整

 

同じ様に、2つ目のクリップを選択します。

フィルタの『 + 』をクリックします。

「再生ヘッド」を選んだクリップの位置に移動します。

Shotcut 無料 動画編集 アプリ 音量調整

 

後は、1つ目のクリップに行ったのと同じ操作を繰り返します。

Shotcut 無料 動画編集 アプリ 音量調整

 

 

テキストの挿入

つぎに、ビデオの最初と最後に、タイトル(テキスト)となる文字を入れてみます。

こだわれば、色々な修飾ができる様ですが、今回はまず1本作る、が目的なので、最低限の操作にします。

手順は、次の通りです。

1.タイムラインにテキスト専用の映像トラックを追加する

2.表示するタイトル(テキスト)を作成する

3.作成した文字のフォント・大きさ・輪郭・位置を変更する

4.作成したテキストをプレイリストに追加する

5.プレイリストからタイムラインにコピーする

6.必要があれば、別の位置にテキストをコピーし、テキストを変更する

 

この順番で、説明していきます。

 

テキスト専用トラックの追加

それでは、最初に、テキスト専用の映像トラックをタイムラインに追加します。

ここに、テキストを映像として入れていけば、どこに、どんなテキストが入っているか、簡単に確認ができます。

コピーも修正も簡単です。

 

タイムラインの左端にある「線が三本」のボタンをクリックしてプルダウンメニューを表示します。

そして、「トラック操作」 > 『映像トラックを追加(Ctrl + I)』をクリックします。(音声トラックを追加と間違えない様に)

Shotcut 無料 動画編集 アプリ テキスト挿入

 

下図の様に、新規で映像トラックが追加されます。

Shotcut 無料 動画編集 アプリ テキスト挿入

 

タイトル(テキスト)の作成

つぎに、ビデオのタイトルとなるテキスト(文字)を作成します。

画面上段の『その他を開く』をクリックします。

プルダウンが表示されたら『テキスト』をクリックします。

Shotcut 無料 動画編集 アプリ テキスト挿入

 

すると、テキストという名前のダイアログボックスが表示されます。

「ここにテキストを入力または貼り付けてください」と表示されているところに、作成するタイトルを入力して『 OK 』をクリックします。

Shotcut 無料 動画編集 アプリ テキスト挿入

 

画面左「フィルタ」と「プレビュー」に入力した文字が表示されます。

Shotcut 無料 動画編集 アプリ テキスト挿入

 

プレビューにテキストが表示されない時は、プレビューの倍率が大きく、1つの画面で表示出来ていない可能性があります。

プレビューの下に虫眼鏡マークが表示されていたら、それをクリックして、『 画面に合わせる 』を選択・クリックします。

Shotcut 無料 動画編集 アプリ テキスト挿入

 

フォント・大きさ・輪郭・位置を変更

次は、テキスト(文字)の修飾です。

 

「フォント」の右横の色(例では白)が現在の文字の色です。

その横に表示されているのがフォント形式(例ではVerdana)です。

さらに、その横の「フォントサイズを使用」にチェックが入っていると、後述のフォント形式を変更する時に、数字でフォントの大きさを指定できます。

チェックを外すと、プレビュー上のテキストボックスの□をドラッグしてテキストボックスの大きさを変えることにより、フォントの大きさを変えることが出来ます。

Shotcut 無料 動画編集 アプリ テキスト挿入

 

まず文字の色を変えてみます。

フォントの色をクリックすると、「色を選択してください」というダイアログボックスが表示されます。

これはよく見かける色の指定ダイアログボックスなので、説明は不要と思います。

ここでは「赤色」を選択して、「 OK 』をクリックします。

Shotcut 無料 動画編集 アプリ テキスト挿入

 

フォント形式を選択するダイアログボックスが表示されます。

このダイアログボックスもよく見かけるものなので、説明は不要と思います。

フォント、フォントスタイル、サイズをお好みで変更します。

フォントは非常に多くのものが登録されていますが、「言語」を日本語にすると、日本語に対応したフォントのみが表示されるので、絞り込み易くなります。

Shotcut 無料 動画編集 アプリ テキスト挿入

 

輪郭の色を指定します。

動画上のテキスト(文字)には、文字の色とは別の色の輪郭を付けた方が見易い様です。

ここでは、赤色の文字に対し、黄色の輪郭を付けてみます。

アルファチャネルは、透明度の指定で、255を入力すると、透明度がゼロになります。

お好みで変更して、『 OK 』をクリックします。

さらに、「 太さ 」の数字を変えると、輪郭の太さが変わります。

プレビューを見ながら、調整します。

Shotcut 無料 動画編集 アプリ テキスト挿入

 

フィルタの指定を下方に送ると、「水平に合わせる」というのと「垂直に合わせる」という欄があります。

ここの指定で、テキスト(文字)を、テキストボックス内で、右に寄せたり、上に寄せたりの指定ができます。

下の例では、どちらも『 中 』を指定してあります。

Shotcut 無料 動画編集 アプリ テキスト挿入

 

作成したテキストをプレイリストに追加

まず、作成したテキストボックスの位置を決めます。

位置を移動するには、例では見にくいですが、テキストボックスの中心に「黒い丸」●があります。

その●をドラッグして、プレビュー内を移動させます。

 

プレイリストが表示されていない時は、画面上段の『 プレイリスト 』をクリックします。

テキストをプレイリストに登録するのは、マウスでコピー&ペーストするのですが、先程の黒丸●や白四角□をドラッグしても、テキストをプレイリストにコピーできません。

必ず、黒丸や白四角以外の場所にマウスポインタを移動させ、そこで左クリックして、テキストボックスをつかみ、プレイリスト上でドロップしてください。

 

プレイリストにテキストを登録するのは、後述する他の場所にテキストを挿入する時に、設定をコピーして使うためです。

Shotcut 無料 動画編集 アプリ テキスト挿入

 

プレイリストからタイムラインにコピー

いよいよテキストをタイムラインのテキスト専用トラックにコピー&ペーストします。

Shotcut 無料 動画編集 アプリ テキスト挿入

 

挿入したテキスト(クリップ)の位置に再生ヘッドを移動させると、プレビューにテキスト(タイトル)が動画と一緒に表示されます。

Shotcut 無料 動画編集 アプリ テキスト挿入

 

別の位置に別のテキストを挿入

続けて、別の位置にテキストを挿入する時は、プレイリストからテキストを前述同様にコピー&ペーストします。

挿入した位置に再生ヘッドを移動させると、プレビューにテキストが表示されます。

Shotcut 無料 動画編集 アプリ テキスト挿入

 

画面上段の『 フィルタ 』をクリックします。

すると、現在表示されているテキストのフィルタが表示されます。

テキスト欄の文字を変更します。フォントや文字の大きさを変えることも可能です。

Shotcut 無料 動画編集 アプリ テキスト挿入

 

この例では、文字を変更し、フォントの大きさも変更しました。

Shotcut 無料 動画編集 アプリ テキスト挿入

 

この操作を繰り返せば、字幕の挿入も可能です。

文字の現れ方、消え方も修飾かのうですが、まずは1本動画を編集する、が目的なので、またの機会にご紹介します。

 

 

おわりに

最初、今回でBGMと動画の書き出しまで説明しようと思いましたが、音量調整に意外と手間取り、画面数・文字数が多くなってしまったので、次回に送ります。

音量調整については、カット編集の前に行うべきでした。

重ねてお詫びいたします。

 

次回では、いよいよ動画1本を編集して、完了させます。

 

最後にShotcutの公式ホームページ(英語)は、こちらから

この情報がみなさんのお役に立てれば嬉しいです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-これからのチャレンジ
-, , , , , , , , , , , ,

Copyright© 定年退職あぶはち取らず , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.