「 BCL 」 一覧

【BCL】ATS-20|ファームウェアのバージョンアップで更に快適な受信機へ

お気に入りのSDR受信機 ATS-20 のファームウェアをバージョンアップしました。
中波帯のステップ数が 9KHz が使える様になり、各段の改善だと思います。
ファームウェアのバージョンアップは、Arduinoの知識がないとハードルが高いですが、これから紹介する手順通りに操作すれば、簡単に実施できます。

【BCL】徹底比較|受信専用アンテナの聞き比べ!D303 vs 303WA-2

BCLファンに人気の高い2本のアンテナ、第一電波工業株式会社 DIAMOND ANTENNA D303 と株式会社アペックスラジオ ApexRadio 303WA-2 を実際の電波をマンションのベランダに設置して、聞き比べてみました。
更にガルバニック・アイソレーターの効果も検証しました。

【BCL】超多機能SDRのSDR Console V3の導入からFM放送受信までを紹介します

今回は、SDR: Software Defined Radio の中でも、特に多機能な、SDR Console V3 のインストール方法を説明し、とりあえずFM放送を受信することをゴールとします。今回使用したUSBドングルは、プラグ&プレイ で使用できるAirspy HF+Discovery です。

【BCL】Reach Beyond Australia 受信報告書に対する返信が爆速です

オーストラリア・西オーストラリア州の北東部の街カナナラ Kununurra から送信しているReach Beyond Australia をベリカードを中心に紹介します。受信報告書の送付先、住所も紹介します。
この放送は、キリスト教の宗教放送で、HCJBアンデスの声 と聞くと懐かしく思う人も多いことでしょう。

【BCL】多機能SDRの代表格HDSDRを使って、取り敢えず放送を受信してみる

今回は、購入したUSBドングル RTL-SDR.COM と、インストールしたSDRソフトウェア HDSDRを使って、取り敢えずFM放送と短波(SW)放送を受信してみます。その設定方法と操作手順をスクリーンショットを使って、丁寧に説明します。
手元のパソコンから、FM放送や短波放送が聞こえてきます。
BCL, SDR, HDSDR, プログラム, ソフトウェア, 設定, 使い方, 注意点, 手順, 聞こえない, 受信できない, 初心者, ポイント

【BCL】多機能SDRの代表格HDSDRをインストールする手順を紹介します

今回は、多機能SDR: Software Defined Radio の代表格 HDSDR をインストールする際の注意点とその手順を、いつもの様にスクリーンショットを使いながら、丁寧に説明して行きます。
初めてインストールする人にはもちろん、チャレンジしたけど、うまく聞けなかった人のお役に立てればと思います。

【BCL】ATS-20 vs 中華ラジオ おもちゃの様な受信機は本当に使えるのか

この受信機ATS-20をAmazonで見つけた時は、その性能はともかく、大きさと外見で購入を決めてしまいました。 しかし、その性能も現在手元にある中華ラジオ 聴き比べても、劣るものではありません。 今回は、このおもちゃの様な受信機 ATS-20をレポートします。

【BCL】手持ちのSDRを使ってDRM:デジタル短波放送受信に挑戦 - 設定・受信編

すでに手持ちのSDR( Software Defined Radio)「ソフトウエアラジオ」を使って、DRM(デジタルラジオモンディエール)デジタル短波放送の受信に挑戦しました。 今回は、いよいよ設定・受信編です。 スクリーンショットを使って、設定方法を丁寧に説明して行きます。

【BCL】KTWR トランスワールドラジオ 3分間の受信でeQSLを取得しました

英語短波放送も、日本語短波放送同様にその数も放送時間も減らしています。
今回は、TWR(Trans World Radio Pacific)の5分間(実際は3分程度)の英語番組を受信して、ベリカード(eQSL)を取得しました。
受信報告書の送付からeQSLまで、番組表、周波数などの情報を説明します。

BCL

【BCL】ダウンロード可能な著作権フリー放送受信ログを作りました

わたしが日頃から使っている『放送受信ログ』を紹介します。このログは、1局につきA4用紙1ページ使います。番組内容を十分なスペースに記入出来る様にして、このログを見れば受信報告書を作成出来る様に考えました。
エクセルで作成したテンプレートで、ダウンロードが可能ですから、ご自分で使いやすい様にアレンジしてください。

【BCL】RTI 台湾国際放送を約35年ぶりに聞いてみた

今回は、台湾のRTI 台湾国際放送の日本語放送を実に約35年ぶりに受信しました。
公式ホームページから、受信報告書の送り方を解説していきます。
台湾からの放送で、距離が近いこともあり、安定して受信出来ます。
BCL初心者にも、最適な短波放送局です。

【BCL】CRI 中国国際放送局に受信報告書を送って分かったこと

今回は、中華人民共和国のCRI中国国際放送局北京放送局を受信して、電子メールで受信報告書を送りました。
その結果、自動返信システムですぐに返信がありましたが、その内容と注意点を紹介します。
BCLの再スタート情報として、またはBCL初心者のお役に立てれば幸いです。

【BCL】KBSワールドラジオ日本語放送の受信確認証を呆気なくゲット

約35年ぶりにBCLを再開しました。
今回は、韓国のKBSワールドラジオ日本語放送の受信に挑戦し、受信確認証(ベリカード)をゲットしました。そのレポートです。
BCLを再開する人も、初めてBCLに挑戦する人にも、手頃な初級放送局と言えます。

BCL

【完全公開】ベリカードをゲットするための受信報告書の書き方と注意事項。

1970年代後半、空前のBCLブームがありました。
雑音の中から目的の放送局を探し出し、受信報告書を放送局に送り続けた電波少年もいまはシニアの仲間入り。定年後の過ごし方にBCLを加えてみませんか?
今回は、ベリカードをゲットするために作成する受信報告書の書き方に加え、テンプレートのダウンロードを追加しました。

BCL

【これで安心】現代版BCLラジオの選び方、お薦め中華ラジオ5選。

1970年代後半、空前のBCLブームがありました。日本の家電メーカーがこぞって短波ラジオを発売しました。
あの頃の電波少年もシニアの仲間入り。そして国産短波ラジオは一時の繁栄が嘘の様に絶滅してしまいました。
国産短波ラジオに取って代わったのが「中華ラジオ」です。その実力を紹介します。

Copyright© 定年退職あぶはち取らず , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.